とにかく省スペース

データ保存にすることにより、従来模型を保存していたスペースを有効活用できます

コストダウンに

模型保管に倉庫や部屋を借りている場合、データの方が保管料は安価になります

破損紛失の心配がありません

災害、事故や人為的ミスによる模型の破損、紛失の心配がありません

歯科用模型の保存義務には期間が設けられていますが、期限を過ぎても捨てられずに残っていたり、矯正用であれば一人の患者様の模型を複数保存されていることも多いのではないでしょうか。

未曾有の大災害によって保存されている模型が破損してしまったり、無くなってしまうことも考えられ、バックアップという観点からも模型をデータ化し保存されることをお勧めいたします。

  • データは場所の異なる複数のサーバーで保存されているので消失の恐れはありません
  • データとして保存することによって今後様々な活用法が考えられます
  • 模型を保管していたスペースを他のことに利用できるようになります ※2
  • もちろん模型として必要となった際には3Dプリンターで造形したり、石膏ディスクを切削加工したりして再現が可能です ※3

” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA